A Cinema 4D Primer for Maya Artists: Creating Splines and Objects from Them

Photo of Edna Kruger

Instructor Edna Kruger

Share this video
  • Duration: 11:28
  • Views: 1471
  • Made with Release: 18
  • Works with Release: 18 and greater

Explore the spline drawing tools and spline primitives by generating and adding some flowers to the landscape.We’ll also show how to download and use the CV-ArtSmart plug-in to make 3D objects from Illustrator artwork.

This video shows how to use the Pen and Sketch spline drawing tools, how to create spline primitives, and how to use the Extrude and Sweep generators with splines to create 3D polygon geometry. It also covers how to install and use the CV-ArtSmart plug-in to make 3D objects from Illustrator artwork.

For information on installing and using the CV-ArtSmart plug-in, see this video: CV-ArtSmart: Download and Install

For more details on using the Pen tool, see this video: What's New in R17: Spline Tools for Drawing, Sketching, Smoothing, and Combining Paths

For information on using the CV-Splines plug-ins which let you easily create objects from splines, see this video: CV-Splines Introduction

Less...

Transcript

In this video, we'll add some more elements to our little character's environment by generating 3D objects from splines, or curves, as you know them in Maya. There are lots of primitive pre-sets for splines in cinema 4D, as you can see in the Create Spline menu, and these same primitives are found in this pallet. All primitives are shown in blue. If you want to draw your own spline, you can use any of these tools that are in orange. Let's take a look at how to do that first. We'll choose the pen tool which is your main tool for drawing any type of spline. Splines are automatically oriented to whichever plane you're drawing in, so we'll switch to the top view and start clicking to draw points for the spline. We're starting with a linear-type spline, but you can easily change that at any time in the pen tools attributes, which is pretty cool. B spline is most like using the CV tool in Maya to create a spline where the control points, or vertices, lie off its surface. As you click, you can see the preview of what the curve will be before you have to commit to it. Now let's switch to béziers which gives handles for adjusting the curve at each point. If you change your mind about the last point you just drew, just press the delete key and then click on the end point and continue drawing. Notice that the gradient shows the end of the spline in blue and the start in white, so you always know which end is which. The starting point acts a bit like a magnet to help you close the curve, if that's what you want to do. You can click and drag on a point to move it, or double-click and drag an edge to change that segment. You can also double-click a point to toggle between hard and soft interpolation, or right-click it and use the interpolation commands in this menu. You can delete a point by pressing the delete key, or right-click and choose delete. If you don't want your spline to be closed anymore, right-click on the last point and choose disconnect. Then you can move the start and end points as you like. When you're done drawing with the pen tool, just switch to any other tool, such as the move tool. You can still tweak the spline in point mode after you're done drawing it, but if you press control and add points to the end of the spline, or press ctrl+shift to add points to the start of the spline, the line segments that get create may not be the same type of spline that you have. So it's best to use the pen tool for doing that. The sketch tool is great for drawing free-hand splines. Just click and draw wherever you want like a pencil. As you see, it gets smoothed out by default. But if you want to smooth it more, you can use the spline smooth tool, which really does what it says. You can use this tool on any type of spline. We'll just increase the strength a bit to smooth out these sharper corners. Just be aware that this tool is destructive, because it adds and deletes points in order to create smooth lines. Let's delete these splines, because we don't really need them in our scene, and now let's add some 3D flowers to the landscape using some primitive splines and generators. We'll switch to the front view to create our spline since the generator likes the spline to be drawn on the XY plane. And appropriately, we'll use the flower primitive spline. Let's reduce the inner radius and outer radius, since we don't want monster flowers, and bring down the number of petals. Okay, so, now we need to make the spline three dimensional. You can find the 3D generators in this pallet. Let's turn this menu off, and then right click and choose icon size, and make the icons larger so that they're easier to see. And just so you know, you won't be creating a nerve surface object from the curve as you do in Maya. The geometry you'll be generating from the source spline is actually a polygon object. The highlighted splines on these icons give you an idea of how many, or the arrangement of source splines you need for each generator which is handy if you're not sure. We'll use the extrude generator which just needs a single spline and gives a similar effect to the bevel tool in Maya. To automatically apply the generator to the selected spline, press the alt key and click the extrude icon, and we have a big, gray flower. Let's turn on the lines for the display to see the geometry subdivisions. The spline becomes a child of the generator, which is how it knows what to extrude, and this is how all generators work in C4D. They need to be the parent of the splines that they're affecting. If you would have clicked the extrude icon without pressing the Alt key, the generator would have been created, but nothing would have happened, and you would have though it wasn't working. If this does happen, it's a pretty easy fix. Just drag the spline to be a child of the generator, and it will work. We'll just delete that and go back to our original extrude. Let's turn off the grid for now to see the flower better. In the extrude generator's attributes, we'll reduce the extrusion's thickness in Z so that the flowers aren't quite so chunky. Let's add a nicer edge to the flower by clicking the "Caps" tab and adding a fillet cap to both sides of the flower. We'll just decrease the radius of those areas and change the fillet type to engraved to give a little definition. Gray isn't the best color for flowers, so let's just drag and drop in orange material from the material manager, and we have flower power. Now, let's say we wanted to change the flower's shape a bit. To edit the spline's points, we have to select it and make it editable. Just as we did with the polygon primitives. We're going to disable the generator, temporarily, so that we can see the spline on its own. Click beside the generator's node in the object manager so that it turns to a red "X." We'll go into point mode and select the five inner points, and then scale them inwards to get sharper petals. Click the X to enable the generator again, and notice that that the generated geometry also changes as you would expect. And we'll just pop back into model mode. Now the flower needs a stem, so let's grow one. This time using arc and circle-primitive splines with the sweep generator which is like the extrude operator in Maya. We'll start by switching to the right view so that the plane is YZ, which is perpendicular to the flower. Click the arc-primitive icon which will be the path for the sweep. Then make its radius much smaller, and make the end angle shallower. Note that if you don't create the arc in the correct view, you can always change the plane here. Now let's go back to the front view, which is the XY plane. And we'll create a circle-primitive that will form the surface which sweeps along the arc. And again, we'll just make the radius a whole lot smaller. And if you didn't draw the circle in the correct view, you can change it's plane to XY to make it perpendicular to the arc. With the splines ready to go, you can click the sweep icon and move the two splines to be children under its node. Their order is important here. First, drag in the arc and then the circle, so that it's at the top, and the arc, which is the path spline, is below it. And there it is. Let's just make a few adjustments to the circle. We'll change it's intermediate points to uniform, and lower the number of divisions, since we don't need so much detail. And now we can finish up. First, we'll add a bright green material to the stem to make it look alive. And move the flower up a bit, and then move the stem so that it's behind the flower. And then we'll rotate the flower a bit so that it's pointing to the Sun. Finally, we'll select everything, and put it all in a group by choosing objects, group objects, or press alt+G, and rename the group null to "Flower." We could duplicate the flower as we did the trees by pressing control and dragging. But let's use instances instead, which are similar to what instances are in Maya. With the flower in null selected, choose tools, arrange objects, duplicate. We'll keep eight as the number of copies we want and select instances as the clone mode. On the options tab, we'll choose to put them in a circle, but we'll make it a half-circle by using 180 degrees. On the tool tab, click apply, and voila, an instant garden. Note that we could have also used the mograph cloner generator, but then we couldn't select each flower and manipulate them individually, such as how we'll move each flower in place and rotate each one. And there we have it. We'll shift gears now to show you another way of working with splines that is pretty awesome. If you're going to be working with motion graphics in C4D, there's a great tool you're going to want to use called CV Art Smart. It shows up in the plugin menu after you install it. CV Art Smart is a plugin that you can download for free from the information tab on this tutorial on cineversity.com. Using it, you can bring in art work from illustrator as AI or PDF files, and then create 3-D objects with it such as with the extrude generator. Because you can animate any of the attributes, you can create some really nice mograph effects with it. And one really cool thing is that it keeps a live link to the AI file, so that if you change it in Illustrator, you just have to reload it in C4D and those changes will be there. To learn how to use CV Art Smart, you can watch these videos on cineversity.com. So, that's how you create splines and generate polygon geometry from them using generators. Make sure to check out the other generators to see what you can create. And if you want to install some plugins that make it even easier to create spline-based objects, check out this video on cineversity.com. Here's the cheat sheet for all the tools and keyboard shortcuts we used in this video and links to the plugins that we mentioned. In the next video, we'll look at organizing all the objects in our scene using layers for different purposes.
このビデオでは、私たちの小さなキャラクターの環境に いくつかの要素を追加します。 オブジェクトは、スプラインつまりMayaでいう カーブから3Dオブジェクトを生成します。 Cinema 4Dにはスプラインプリミティブの プリセットが作成/スプラインメニューにたくさんあります。 こちらのパレットにも同じものがあります。 すべてのプリミティブは青色で表示されます。 独自のスプラインを描画したい場合は、 次のオレンジのいずれかのツールを使用できます。 最初にそれを行う方法を見てみましょう。 ペンツールを選択します。 どのタイプのスプラインでも描画できるメインのツールです。 スプラインは描画に合わせて自動的に平面が決まるので、 トップビューに切り替えて、 クリックしてスプラインのポイントを描きます。 リニアタイプのスプラインではじめましたが、 ペンツールの属性でいつでも変更ができます。 とても便利ですね。 Bスプラインは、MayaのCVツールに最もよく似ており、 ポイントもしくは頂点でコントロールします。 サーフェイスからは離れています。 クリックすると、確定する前にどのようなカープになるか カーブのプレビュが表示されます。 今度は、カーブを各ポイントのハンドルで 調整するベジェに切り替えましょう。 あなたが最後に描いたポイントについて変更したい場合、 Deleteキーを押します。それから終点をクリックすれば 描画を続けられます。 スプラインは、終点が青色で始点が白色のグラデーションで 表示されるので、どちらが終点かわかります。 始点は磁石のように動作するので、 カーブを閉じる助けになります。 便利です。ポイントをドラッグすると移動でき、 エッジをダブルクリックやドラッグするとセグメントを変更できます。 ポイントをダブルクリックすると ハード補間とソフト補間を切り替えるか、 右クリックして、メニューから補間コマンドを選べます。 ポイントを削除するには、Deleteキーを押すか、 右クリックして削除を選択します。 スプラインを閉じたくない場合は、 最後のポイントを右クリックして、 ポイントを分離を選択します。 これで、開始点と終了点を好きなように移動できます。 ペンツールでパスの描画を終えたら、 移動などのツールに切り替えでも大丈夫です。 パスの描画の完了後は ポイントモードでスプラインを微調整もできます。 Ctrlキーを押しながらポイントを追加すると スプラインの最後のポイントと接続されます。 Ctrl + Shiftキーを押しながらポイントを追加すると スプラインの始点に接続されます。 作成されるパスのパスのセグメントは、 同じタイプのスプラインではない可能性があります。 ですので、ペンツールを使うのが一番です。 スケッチツールはフリーハンドで、スプラインを描くのに最適です。 クリックしながらドラックして描画するだけです。 鉛筆用に使えます。ご覧のとおり、 デフォルトではスムーズになります。 しかし、よりスムーズにしたい場合は、 スプラインスムースツールを使用します。 名前の通りの効果があります。 このツールは、どのタイプのスプラインでも使用できます。 私たちは、より角度のきつい角を滑らかにするために 少し強度を上げます。 このツールは破壊的であることに注意してください。 ポイントを追加や削除して、スムーズな線を作成します。 一旦、これらのスプラインを削除しましょう。 このシーンではこれらは不要です。 今からいくつかの3Dによる花を近いに追加します。 作成は、プリミティブスプラインと ジェネレータを使用します。 スプラインをXY面に作成するために、正面図に切り替えを行います。 最適な花形プリミティブスプラインを使用します。 巨大な花にしたくないので、内側と外側の半径を減らします。 花びらの数も減らします。 さて、これからスプラインを3次元化する必要があります。 このパレットに3Dジェネレータがあります。 このメニューを外して、右クリックしてアイコンサイズを選択して、 アイコンを大きくして見やすくします。 最初に言っておくと、 Mayaのように、カーブからNURBSオブジェクトを 作成することはありません。 ソーススプラインから生成するジオメトリは、 ポリゴンオブジェクトです。 アイコンにあるハイライトされたスプラインから、 生成に必要なスプラインの数や ソーススプラインの配置方法が察しがつくと思いますので、 よくわからない場合、参考になります。 ここでは押し出しジェネレータを使います。 必要なのは1つスプライで、 Mayaのベベルツールと同様の効果をもたらします。 選択したスプラインにジェネレータを自動的に適用するには、 Altキーを押しながら 押し出しアイコンをクリックします。 これで大きな灰色の花ができます。 線の表示をオンにして、ジオメトリの分割を見てみましょう。 スプラインはジェネレータの子になっており これはそれがどのように押し出されているかわかります。 これがC4Dにおけるジェネレータの働きです。 これらは、適用したいスプラインの親になるようにします。 Altキーを押さずに押し出しアイコンをクリックした場合は、 ジェネレータは作成されますが、何も起こりません。 なぜと思われたかもしれません。 このような場合でも、すぐに直せます。 スプラインをジェネレータの子にドラッグするだけです。 一旦削除して、元の押し出しに戻ります。 花がよく見えるようにグリッドをオフにします。 押し出しジェネレータの属性の Z方向の押し出し量を減らします。 花はあまりにも堅い感じなので、 花にベベルを加えましょう。 キャップタブとクリックして、開始端と終了端を キャップとフィレットに変更します。 半径を小さくして、フィレットタイプを彫り込みに変更して 少し淵をつけます。 灰色は花には似合わないので、 マテリアルマネージャからオレンジのマテリアルを ドラッグ&ドロップします。 これで花らしくなりました。 さて、もう少し花の形を変えたいところです。 スプラインのポイントを編集するには スプラインを選択して、編集可能にする必要があります。 ポリゴンプリミティブで行なった方法と同じです。 一時的にジェネレータを無効にすると スプラインを単独で見ることができます。 オフにするには、オブジェクトマネージャで ジェネレータのノードの横をクリックして、 赤い "X"に変わるようにします。 ポイントモードに切り替え内側の5つポイントを選択して、 花びらを細くするため内側にスケールします。 Xをクリックしてジェネレータを再度有効にすると 生成されるジオメトリも期待どおりに変化します。 モデルモードに戻ります。 今度は、茎が必要なので、茎を生やしましょう。 弧と円形のプリミティブスプラインを使い Mayaの押し出しオペレータと似たスイープジェネレータを使います。 まず、右面のビューに切り替えて、平面がYZになるようにします。 花に対して垂直になります。 弧プリミティブのアイコンをクリックします。 これが押し出しのためのパスになります。 次に、半径を小さくして、終了角度の値を低くします。 弧を正しいビューで作成しなかった場合、 ここで平面を変更することができます。 次に、XY平面である正面ビューに戻りましょう。 円形プリミティブを作成して、 弧に沿ってスイープして、サーフェイスを生成します。 また、半径を小さくします。 円形の向きが正しくない場合は、 平面の設定で向きをXYに変更して、 弧に対して垂直になるようにします。 スプラインの準備が整ったら、 スイープアイコンをクリックして作成して、 2つのスプラインをスイープノードの下にして 子供になるようにします。ここではその順序が重要です。 まず、弧をドラッグしてそれから円をドラッグして、 円が上にくるようにします。 弧がその下になるようにします。 つまり、下のパスが押し出しのスプラインになります。 円形を少し調整しましょう。 補間ポイントを均等に変更します。 そして分割数を減らします。 あまり細かい必要ありません。 これで完成です。 茎に鮮やかな緑色のマテリアルを適用して、 生き生きと見せます。 そして花を少し上に動かし、 それから茎を花の後ろに移動します。 花を少し回転させて太陽の方に向けます。 最後にすべてを選択して、 オブジェクトをグループ化するために オブジェクト/オブジェクトをグループ化を選択するか、 alt + Gキーを押します。 グループのヌルの名前を "Flower"に変更します。 木の時と同じようにControlを押しながら ドラッグして花を複製できますが、 しかし、代わりにインスタンスを使用してみましょう。 これはMayaのインスタンスに似ています。 花が入ったヌルを選択した状態で、 ツール / オブジェクト配列 / 複製を選択します。 複製数を8にして、 クローンモードをインスタンスにします。 オプションタブで、モードを円形にします。 ただ、半円にしたいので、終了を180度にします。 ツールタブの適用をクリックすると、 簡単な庭ができました。 またこれ以外にも、MoGraphのクローナー・ジェネレータも 使うことができます。 ただその場合、それぞれの花を選択して 移動することができません。 複製であれば、それぞれの花を動かしたり、 回転させたりできます。 これで完成です。 また、別の方法も紹介します。 スプラインの作業でとても便利な方法です。 特に、C4Dでモーショングラフィックスの 作業するつもりならおすすめです。 CV ArtSmartと呼ばれる素晴らしいツールを ぜひ使ってみてください。 インストールすると プラグインメニューに表示されます。 CV ArtSmartは、このチュートリアルのある cineversity.comのInformationタブから 無料でダウンロードできるプラグインです。 これを使えば、Illustratorのアートワークを AIやPDFファイルで持ってきて、 押し出しジェネレータなどを使って3Dオブジェクトを作成できます。 どんな属性もアニメーション化できるので、 本当に素敵なMoGraphエフェクトが作成することができます。 そして本当に素晴らしいのが、 AIファイルとのライブリンクが保持されていることです。 Illustratorで変更したら、 C4Dでそれをリロードすると変更が反映されます。 CV ArtSmartの使い方を学ぶには、 このcineversity.comでビデオをご覧ください。 以上が、スプラインの作成と、ジェネレータを使って ポリゴンジオメトリを生成する方法になります。 他のジェネレータで何ができるかも ぜひ確認してください。 プラグインをインストールしていただくと、 さらに簡単にスプラインベースのオブジェクトを作成できます。 cineversity.comでこのビデオもご覧ください。 これが使用したすべてのツールと キーボードショートカットの比較表です。 紹介したプラグインへのリンクもあります。 次のビデオでは、私たちはシーン内のすべてのオブジェクトを 目的に応じて管理する方法を学びます。
Resume Auto-Scroll?