NAB 2016 Rewind - Chad Ashley: 3DS Max to Cinema 4D: VFX/Photorealistic Rendering

Photo of Cineversity

Instructor Cineversity

Share this video
  • Duration: 36:49
  • Views: 10618
  • Made with Release: 17
  • Works with Release: 17 and greater

Chad Ashley shares why Digital Kitchen transitioned from 3ds max to Cinema 4D, and shows two of his first Cinema 4D projects.

Chad Ashley shares why Digital Kitchen transitioned from 3ds max to Cinema 4D, and shows two of his first Cinema 4D projects. Digital Kitchen used a spec spot for the Cadillac ELR as a testing ground to explore C4D’s workflow and confirm their software decision. Chad shows how Cinema 4D’s Xrefs improve workflow in a multiple-artist environment, and how the Character Object can be used to easily deploy a car rig. Octane provides outstanding render quality and real-time feedback when lighting the scene.

02:10Why Switch from 3ds max
03:13Cadillac ELR Spec Commercial
04:56Xrefs
09:23Car Rig / Character Object
17:21Car Lighting & Rendering / Octane
21:36GSG HDRI Link
25:39Chicago MSI Lego Spot
27:26MoGraph Lego Brick Reveal / Volume Effector
32:48Camera Morph

Chad now works for GreyscaleGorilla, and shows an upcoming product HDRI Link. This C4D plugin allows you to place a tag on an Octane or Arnold Sky and easily apply an HDR from GSG’s HDRI Studio Kit.

In a spot for Chicago’s Museum of Science & Industry, Chad and his team created an animation of lego bricks constructing the Golden Gate Bridge. Chad shows how MoGraph’s Volume Effector combines with the Displace Deformer to reveal the bricks in a way that appears random, but is easy to art-direct. Finally Chad shows how the Camera Morph tag smoothly interpolates between fixed camera positions to create a dynamic, sweeping camera animation.

Recorded Live at NAB 2016 in Las Vegas

Less...

Transcript

- [Chad Ashley] My name is Chad Ashley, and I am or/was a Creative Director at Digital Kitchen. But as of about a week ago, I switched jobs and I now am a Creative Director at Greyscalegorilla, which you may be familiar with. But this presentation is not really about that. It's about my time at DK. At Digital Kitchen, we were a 3ds Max house, and we decided probably about six months ago-- I've only been using Cinema 4D for about nine months-- that we were going to make the switch from Max to Cinema 4D. So my presentation, I'm going to talk to you about how we made that switch, why we made that switch, and what we learned along the way. First of all, I want to show you a little bit about what we did at DK. So I'm going to show you our reel, real quick. ♪ [music] ♪ All right. So that's a little bit of the work that we did at Digital Kitchen, where we were a motion graphics house. We did a lot of movie titles, a lot of commercial work. So the big question is why did we switch? Why did we switch from 3ds Max to Cinema 4D? We realized that we just didn't have a big user base in Chicago, which is where we're located, in Max. And we knew that there was this giant user base of Cinema 4D freelancers and whatnot. We needed an ability to scale. If we got a big job, what would we do? Who would we hire? There weren't any Max freelancers in Chicago that we could bring in, yet there were all these Cinema artists out there. So switching to Cinema gave us this ability to scale. We also saw a big roadmap alignment in which we saw where we wanted to go as a studio, and we saw where MAXON was going with their products and their product line. And we had an alignment. We both value the artist, we both value the process, and we both wanted to create art. Also, Cinema has some amazing renderer choices, tons of choices. Octane, Arnold, Physical, Corona. There's so many. It's great. We needed a way to test out Cinema 4D and figure out if it was going to work for us. So what we did is we created a commercial. That's what we did at DK. We decided, "Let's create a commercial, a photo reel, Cadillac car commercial, using Cinema and we're going to use it to test the software. We're going to use it to learn, and we're going to try everything. We're going to throw everything at it. We're going to see how does the job workflow happen in this program? Can it handle what we want to do? Does Xref-ing work? How does that work? Rigging, is it going to do what we need to do in terms of rigging the car, animation, cameras, Xpresso, rendering?" We need to cover all this stuff, so that's why we developed this fake commercial to essentially learn the program. So let's take a look at the Cadillac ELR spot that we did. ♪ [music] ♪ - [Male voice] Dare to be beautiful and sustainable. Dare to increase range and performance at the same time. Dare to challenge what an electric car can be. Introducing the 2016 Cadillac ELR, because only those who dare, drive the world forward. - That Cadillac ELR spot was done completely in Cinema and rendered in Octane. And it was all done in our spare time to try to learn the software. Every moment that we found ourselves kind of like, "Okay. Well, can it handle this? Can it handle that?" We found that Cinema exceeded our expectations on every level. So let's talk a little bit about... I'm just going to pause it here. You can see we have all these light fixtures in every single shot. So we used Xrefs. How many people here have used Xrefs before? Not very many. What an Xref is, is it's an external file reference. So imagine a movie. Let's say, I don't know, "Star Wars" or something where you've got BB-8 in like, I don't know, probably 1,200 shots. Imagine if BB-8 wasn't a separate asset and you had to, let's say, change the orange to blue and go into 1,500 shots and go in there and tweak that shader. You'd want to kill yourself. That's why people develop assets, Xref-ing. So we're going to talk a little bit about that. In fact, I'm going to dive in here. We're just going to show you how Xrefs work really quickly here in Cinema because they're so useful. You can use them for just about anything that you're going to have a repeatable asset for. We're going to open up this light fixture and Light Fixture Master. So let me delete this, and let me just hide this, real quick. Let's say this is our light fixture asset. And our artist is modeling this light fixture and he knows that it's going to go into all those different shots that we saw. He finishes it up, and he publishes it as a Cinema 4D scene. So it's just a master, just a regular old Cinema 4D scene. Then, we have another artist on the other side of the room, and he's working on this shot, here. This artist is just animating. So he's animating the shot, and he's trying to get everything done. I'm just going to come in here and reload this, real quick. All right, perfect. So he's animating a shot. This guy is also working on this asset, and the client comes in and says, "Hey, listen. The client says that they don't want these bulbs exposed. They want them to be covered up." So all right. Well, that's no problem. We can do that. But we were already halfway through the production and this asset has been published to all the different animation scenes. So how do we do that? Well, this is an Xref, so we're going to change one scene and it's going to propagate across all our shots. I'm going to turn on my light cover, which it's messed up right now. So let's go ahead and fix it, put it back into place here. And we're just going to grab these points. Actually, I'm going to just delete that, and we're going to make a new one. In fact, they don't want a cover, I've just decided. They want to actually change the bulbs. So I'm going to come in here and I'm going to grab Marquee Selection, and they say for whatever reason they want these bulbs to stick out over here. Don't ask me why. They're crazy clients. They don't know what the hell they're doing. So they decide, "This is our new light fixture. This is how it's going to look now. This is what we want." So this artist here that's working on this light fixture just hits Save. I'm just going to hit Control+S and save the scene out. Now, the artist working on the other side of the building opens up their scene, and all they have to do is dive into the Xref file right here and hit Reload, and boom. Every single light fixture just changed and updated to the most recent master scene file. In fact, if there's an artist that went home that day before that change was made, and they come in, in the morning, and they open up their shot, which is going to be Shot 02 here. They're going to come in that morning and they're going to notice, "Hey, look. All of these lights changed. I guess there was a tweak to my asset and the client made a change, and now I don't have to do anything. It's all there. It's all ready for me. It's perfect." So you can see how by creating a master asset, a master Cinema 4D file, and bringing it in as an Xref into many, many scenes, many, many camera shots, you don't have to worry about going into each scene file and changing the model, or merging it in, or doing any of that sort of thing. So you can see how Xrefs can really change the way you work. You can use them for cameras, you can use them for rigs, anything that's going to be repeating. Or if you just want to work in tandem with other artists, you can actually have somebody animating a camera while you're animating a character. Then you can Xref in their camera. And every time they hit Save, it's going to update when you hit Reload. It's going to update in your scene, so you're always getting the latest thing. So that's a little bit about Xrefs. The next thing I'm going to talk to you about is the car rig. You saw in the very beginning, the car doesn't drive much. But we wanted to make sure that whatever the car did, we wanted that ability to roll in and steer, and all that. So we said, "All right. Well, let's rig it the right way. Let's do this car up the right way." So we used, and not very many people use this, but it's called the "character template." How many people here have used the character template? Very few, even fewer than Xrefs I think. What the character template is, it's an easy way to rig things. I'm not going to pretend to be an expert at it, because I am not a rigger. This was actually rigged by an amazing artist, Andrez Aguayo. We call him "Dre" around the office, "Dr. Dre." He made this awesome car rig for us. So I'm going to show you how simple it is to create this car rig based on what Andrez has built. The first thing I'm going to do is I'm going to create a character template, and that pops it into the scene. The next thing I'm going to do is turn off Auto Size, and change it to 475 centimeters, which I just happen to know because he told me. That's the number that's going to keep it inside of our car here. Now, I'm going to go into Object and I'm going to stamp down a root. Oops. I actually did it wrong. He would kill me if he knew that I screwed that up. I forgot to choose Animation Car, which we've included here. Once you've built a character template, it'll pop up in here if you do everything right. So I'm going to do Animation Car, Create a Root. Then, I'm going to create the body, and then I'm going to hold down Control and Shift. I'm going to do Wheels Back, Wheels Front, and there's our rig. Our rig is set, but you can see not all of it is perfectly aligned to my wheels and to the body of my car here. So what I'm going to do is I'm going to come over to Adjust, and everything now is ready to be live and adjusted. I could come in here and actually manipulate every single helper and center it to the car, and center it to the wheels, and all that sort of thing. But I'm a lazy guy. I don't like clicking around. So I made sure that I said, "Dre, can you make this rig so that I don't have to do any of that stuff, because I'm really lazy." He's like, "Yeah, no problem, as long as you name your car in this very specific way, which is Body, Left Tire, Right Tire, all that sort of thing. I'll make a Python script, because Python scripting in Cinema is awesome, and you can just run that script." So I'm going to go over to Scripts, and I'm going to find the script that he wrote for me. It's called "Car Rig Aligner." I'm going to click it, and boom. It just snapped all of the axes to the center of the wheels, everything else. So I didn't have to adjust anything. Now, I'm going to come in here. I'm ready to animate now, so I'm going to click Animate and that brings the rig back to life. Now, I'm ready to animate my car rig. So the first thing I'm going to do is create a path. Now, this is not a dynamic rig. He wanted to make sure that I told you guys that. Because it is not a rig that you're going to drive with an Xbox controller. It's actually an animation rig. So it's a little bit more user-friendly, I think, and art directable. I'm just going to draw a path here. I'm just going to make a path, very kind of simple, little path for our car to drive on. I'm just going to drive around this corner, and that's pretty good. All right. So there's our path. I'm going to dive into the body and go into my control section. Now, we've rigged this car with all sorts of fun controls. We have Auto Roll, Ground Detection, Spline Object loading here, Auto Banking, so I'm going to go through some of that stuff. The first thing I'm going to do is load the spline into my Spline Object. You can see now, it's popped my car onto my road and I can actually just simply drag my spline position, and my car is going to drive along that road. But I do want to make sure that my spline is set to Uniform to give it a lot of segments so there's not any weird bumping on my car. I'm going to dive back into my body here, and let's set some keyframes. So at the very beginning, we're going to set our spline position to zero and he's going to make this run around this little track here pretty quickly. So go up to 100, and there. I'm going to play this down, and our car is driving along a path. You're like, "Oh, wait. That's simple. It's just animating on a path. That's really not much going on." But no. The wheels are actually turning. You just can't see them. I said to Dre, "I want to be able to see my car better, dude. I don't want to have to rotate my camera and find my car." He's like, "All right. Cool, man. I will give you some cameras to attach." So I can actually come in here and switch between three different cameras to be able to follow my car as it's driving around the track. So all the wheels are turning automatically, everything is dynamic, and the fact that I don't have to worry about the rotation of the wheels. It gets a little bit wonky at the end, but that's not a big deal. I can fix that with a spline later. All right. That's pretty cool, but let's turn on some Auto Banking, because that's kind of fun. So we're going to turn on Auto Banking and set it to a pretty low number. We don't want it to have really crazy, bad suspension. So I'm going to go ahead and play that down. You can instantly see that this is one dynamic part of the rig, is the Auto Banking. So the car actually has the ability to kind of wobble and change with the velocity of the car there. In fact, you can actually come in here and add even more secondary rotation. If you really want to make it look like the car is maybe driving and it's got some crazy road. I can actually turn this way up and now my car is shaking like crazy. It's really kind of nice if you want to just create that subtle shake. This is not very subtle. But I just want to let you know that you can do this sort thing. This comes in handy when the car is driving like on a crazy road, for instance. While I'm talking about the rig, let me show you some of the controls. So these are some of the other controls that we built into the car rig. This is Dre. He's working through the rig here. And I'm just going to tap down a little further into the video because I know I want to show a lot of stuff today. You can see how crazy he went. He even put deformations on the tires. He's got like full suspension going on here. It's pretty nuts. So as an animator, you can go in there and really tweak this stuff out. In fact, we didn't actually use a lot of this in our spot, because we just wanted a really simple thing. But he kind of went crazy with it, and we applaud him for it. It turned out really awesome. I think I even have a shot... Oh, yeah. He kind of went crazy here, a little monster truck action. But here, I'll open up a scene file that actually has some Ground Detection on it, just so you can see it. All right. So here we have our ELR driving. He's even got a little drift. Oh, I forgot to show you the drift. Let me go back into my file and show you that. So if I'm animating, let's say here, and we're doing a crazy turn here. But right there, let's say, right when he makes that turn, I'm going to go ahead and turn off my Dynamic Banking. Which it's not going to like it when I scrub. So right there, I'm going to set a keyframe on my drift, because you've got to have drift, man. You've got to have some Tokyo drift going on here. So he's going to drift out right there, and we have this full control to swing that car out, right there. Hit a keyframe. And then maybe he comes back to normal like right there. I'll just play that down. It's going to look really weird. I'm not a car animator. Whoa. He hit a patch of ice, maybe. I don't know. But this rig was a lot of fun to create. I've got to say, the process of creating this rig and animating this rig in Cinema was really, really amazing. It's very easy to set these things up. If you already know anything about rigging, I highly recommend checking out the character template stuff. It's really powerful. So I'm going to move on to a little bit about the rendering of the ELR. We jumped around on renderers on this, because we tested everything. We tested Physical, we tested Arnold, we tested Octane. And we actually ended up using Octane. So I'm going to show you a little Octane with the car. Here we have a typical kind of shot that might have been found in the car spot. And I'm going to light it up really quick using Octane. The first thing I'm going to do is initialize the Live Viewer of Octane, and I'm going to dock it. I'm just going to pull it over here, which I absolutely love the floating viewports and the ability to dock things. It's great. So I'm going to initialize Octane, and you're going to see that it's extremely dark, once it finally loads all this geometry. I'll take a sip of water while it does that. All right. So this is extremely dark. It's not really lit by any of these overhead fixtures. That's because car lighting isn't about... If you just told a car lighter that you were going to use fluorescents to light their car, they're going to be like, "Oh my God. You're out of your mind." So of course, I wouldn't because cars are all about slick, pretty-looking stuff. I'm going to create an Octane area light, and I'm going to dive into a perspective view so I can actually kind of see what I'm doing here. I'm going to wait for that to update. I'm going to pull this area light way out here. It's going to update a little slow, because we've got a lot going on here. But bear with me. It will update. So that light is way too bright, first of all. But I know what I'm doing, so I'm just going to crank this light out. This is not something that you would do in reality, but I bet every car photographer would, if they could, have a 300-foot light put out in front of their car. The other thing I'm going to do is turn off Normalize, because that is just not the way light works in real life. I'm going to bring that intensity down to like 20%. And what I'm going to do is I'm going to show off the natural curves of the car. That's what every good car photographer does. I'm walking this light up, and in Octane, I'm seeing that in real-time. So now I'm able to make creative decisions on the fly on what I want this thing to look like. I'm just going to zoom out a little bit more, and I'm going to extend this light out even further. This machine is performing fairly well. And that looks pretty good to me. It's pretty close to what I want. But But if you notice at the top, this light is affecting my light fixtures and it's blowing out the metal on there. I don't want that. That's ugly to me. So in any other renderer you'd be like, "Cool. Just exclude those light fixtures. Done." Well, that's not Octane. Octane, you can't actually, in this version, exclude objects from your lights. So you have to think about it like a photographer. You have to say, "Okay. If I was a photographer, what would I do?" I would use a flag, and the flag in my world is a plane. I'm just going to put this plane in between... It's basically a photographer technique. I'm just going to walk this plane up, and I'm going to rotate it if my hotkeys work, which now they sort of will. It's going to slow down a little bit. I'm just going to pull this plane out, and all this plane is going to do is block light for me. You can see, I've already blocked all the light in it right now. So I'm just going to rotate my camera over here, and I'm just going to start to walk this flag up to the angle over here. Watch this. I'm just going to quickly start to bring that flag down. I'm watching in Octane. I'm watching these lights to see where that flag is going to come in. And right about there. So Octane is great. You just need to start thinking about things in a little bit more photographic way. You have to think a little bit more like a filmmaker. When I lit all the shots for that ELR spot, I had to go in there and flag little highlights, just like you would on a real set. I'm hoping someday a toy will work in some light exclusions so I don't have to do this. But it was kind of a fun process, I have to admit. So we've talked about that. We've talked about material testing. I'm going to talk a little bit about a brand new tool that we are very close to launching at Greyscalegorilla called Link. How many people here are familiar with the Greyscalegorilla HDRI Studio tool? Anybody? So quite a few people. One of the things that a lot of people were requesting from us was the ability to use the HDRIs that you find in that tool, in other renderers like Arnold and Octane. So that's why we created, dah, dah, dah, dah, first time it's probably ever been seen... I'm going to find it and you're going to love it. When I started working on this job, I needed a way to test out my materials and to do that quickly. So I started creating 360 renders using HDRIs to test out all my car paints and the chromes, and all that stuff. I needed a way to quickly switch from one HDR to another and not have to keep navigating around and around to all these different folders and what not. So in comes Link. I'm going to go ahead and just initialize Octane here. We're going to use Octane, but it works in Arnold as well. Someday... Okay, there it is. All that we're seeing right now are the headlights, because there's no lights in here. So what we're going to do, and you're going to love how easy this is. I'm going to go to Objects, I'm going to say "HDR Environment," and that just does what Octane does. It puts a nice little sky blue environment in there. I'm going to walk over to my Octane sky, and I'm going to tag it with HDRI Link. Boom. Done. Okay. So what do I do next? Simple. Open up the HDR browser. Now, what do I do? Well, now I just have fun navigating tons of awesome HDRs, and be able to just click them down. Oh, I don't like that one. I'm going to try this one. No, I don't like that one. Let me try this one. It is just an awesome way to navigate and just audition different HDRs for your lighting. In fact, I'll try some studio stuff. Let's go to Pro Studios, and I'll navigate to my favorite one, which is 19 and look at that. I'm just going to orbit the camera around and find my killer product shot, because that's what Octane does so well. It's just a killer-looking renderer. Here, we've got our nice product shot. It's looking pretty good. In fact, I'm just going to kind of kill my browser over here, and find a shot that I like. That looks good. I'm going to drop a camera down right there. I'm going to look through that camera. And now let's add some depth of field. So how are we going to do that? We're going to add an Octane Camera tag. I'm going to dive into my lens, and I need a wider aperture. This is crazy. This is not going to work. Let's try two centimeters. That looks pretty good. It's a bit big, that depth of field. But here's the fun part. I'm going to turn over to my regular camera, and now I'm going to pick my focal point. So I'm going to dive in. Oops. I've got to turn Auto Focus off. I forgot to do that. So Auto Focus, I don't know why there would be an Auto Focus. I don't know who the heck would use that. I'm going to tap down on my car. Where do we want the focal point to be? I don't know. Let's try here. It didn't work. Come on, baby. Don't do me like that. There we go. So now I can audition different depth of field, and it's all live in Octane. You're starting to see the power of this tool. Now, you're like, "Okay. That looks cool. This shot is looking good." Let me actually pull the focus over to this light. And now I want to jump back into Link and I'm going to try a different HDR this time. I'm going try... I don't know. Let's try this one, Outdoor. How awesome is that? It's so fast. We're going to be coming out with tons more HDRs, so keep your eyes peeled for Link. It's going to be a new tool, Greyscalegorilla. We hope you love it. We love it. I use it all the time, actually. So I'm going to talk about a Lego spot that I did for the Museum of Science and Industry. I teamed up with a few friends of mine, and we used Cinema 4D Octane together to create this great spot for the Museum of Science and Industry's new Lego exhibit. I'm just going to play the spot, and then I'll talk about it. Because I think without context, it's going to be a little hard to understand. - [Female voice] MSI is using Lego bricks to reconstruct fantastic feats of engineering, like the Golden Gate Bridge, 60 feet long, 65,000 Lego bricks, 800 build hours. It's one of 12 incredible Lego structures in the Museum of Science and Industry's new exhibit, "Brick by Brick." Come see them all, and discover that nothing is impossible when you have the courage to build the unbuildable. - So that was a ton of fun to make, and what made that unique, it wasn't done at DK. It was done, like I said, on the side with some friends of mine. And we had a very tight timeline, a very small crew, and we all worked remotely. I was responsible for all of the CG. We had another artist doing all the compositing and an editor, and then another artist doing the end tag. So we had four people, all working remotely on Dropbox. And we just used Slack and... Well, kind of just Dropbox and Slack, really, to kind of work through the entire project. We used MoGraph, obviously, for all of the revealing, which I'm going to go over that. We used the Camera Morpher, which is amazing. We used a lot of Xpresso. We used Octane. We used the new Link tool, which I just showed. And we used Signal. I'm pretty new to Cinema 4D, so when this job came in and he asked me if I could help him out on it, I was like, "Yeah. This will be a great chance for me to kind of learn even more about Cinema 4D." So I'm going to show you how I did that Lego reveal. I bet in your heads, if you've been using Cinema for a while, you're probably thinking to yourself, "I can already think of a way that I would reveal those bricks." I probably did it a little bit differently than maybe you guys did. But that's okay. There's no right or wrong. It's all just fun times. I'm going to dive in. Actually, not into that one. We'll do this to start. So here we have our tower. And I'm just going to go ahead and hide these cameras, because we don't need to see those. We have our Lego tower here, and we need to reveal them from the top, up. So the first thing I'm going to do is create a box, and I'm going to move that box over my tower. I'm going to make it really tall to encompass my tower, and there it is. Now, I'm going to throw a display tag on it, just so I don't have to look at it as a box, getting in my way all the time. So I'm going to turn it to Wireframe and Box. So now we've got our box here. And what we're going to do is we need to turn all of these Lego pieces, which were hand-placed by the way, by Amador Valenzuela, who actually did all the print campaign work for this. He did an amazing job hand-placing each one of these to the expert Lego model builder's specifications. So this wasn't created with some Voxel plug-in or something. So I'm just going to select all these bricks, and I'm going to drop them into a fracture. So I'm going to create a fracture. It would've helped if I created the fracture first, I guess. I'm going to select all these bricks, and we're going to dump them into the fracture so they're MoGraph compatible. So these are our bricks. They're a part of that fracture now. The next thing I want to do is figure out a way to reveal them. So I was thinking, "Well, let's do like a Volume thing." If I grab a Volume... Make sure that actually applied. Yep, it did. So the Volume Effector is perfect for this. What I need to do is actually tell it to use this cube that I created as my Volume object. The parameter that I'm going to do, I bet you're thinking like, "Oh, he's going to do like a -1 scale." No, dude, easier. Set Visibility. So now I can just take this cube and just literally drag him down, and he just reveals brick by brick, right up the tower there. You like the sound effects there? You like that? You still awake out there? Give me some signs of life. Anyway, so this was cool. But I was like, "All right. That leading edge is way too perfect. I need it to feel more organic." So how was I going to do that? Well, I don't know. I was just messing around. So I just said, "Okay. Well, what if I gave this thing a little bit more segments?" Now, I'm going to jump into a mode where you can actually see the segments. I'm going to give this cube more segments, and then I'm going to displace it. So I'm going to throw a displacer on here, and we'll dump that into there. We'll grab a displacer, and we'll throw some noise on it. There's a little noise. Maybe scale up the noise a little bit, maybe like 600, something like that. We'll increase the height to like 30. So what did that do for me? Okay. Well, let me just show you what that did. What that did for me is it gives me a more natural, organic shape at the leading edge for my bricks to be revealed. So now it doesn't look so boring. If I turn that off, you can kind of see it's just like boing, boing, boing, layer by layer. But if I turn that on, it's now displacing the edge of that box, therefore giving me a little bit more randomness on that edge. In fact, now I can art direct it. I could throw a bend on it and have the left side go on before the right side, and really art direct the way that the bricks were being animated on. Because I was still kind of interested in Xpresso and what that did, I went ahead and thought, "Well, I've got this workflow going. I wonder if I could make it into a rig?" Because I always try to like rig things, so that I don't have to repeat my actions. Because again, I'm super-lazy. So I made a rig for this and it was really simple just using Xpresso. Let's go into the tower rig scene, and that is going to be here. I made a rig, which was just all done via Xpresso. I'm going to go into my user data. And you can see I created a Lego reveal percentage, so I can literally just drag this up. So it's 100% revealed or not revealed at all. Then, I also have this ability to do a randomness amount. So I can turn that up here. Let's find a nice little spot. All this randomness amount is doing is changing the intensity of the displacement. So if I bring it down to zero, I've gotten back to my flat, boring reveal. If I bring it up to 100%, I've got really, really random... In fact, so random that it kind of is breaking the laws of gravity there. So you don't want to go too far with that. Probably like somewhere in here. Then, the scale, which is also just Xpresso linked to the scale of that noise. So again, being able to quickly use Xpresso to build rigs to make your life easier, I can't tell you enough to do those things, on top of Xref-ing, on top of figuring out interesting ways to use rigging to do what you need. This tool is really robust. Camera Morpher, how many people here love the Camera Morpher? Again, the same people. If you haven't checked out the Camera Morpher, it is really, really cool. The first shot of the Lego piece, I was like, I wanted the camera to travel up the tower as it's growing. So what I did is I created three different camera angles and three different cameras' viewports here. I'm going to actually reveal a little bit more of my Legos here. We'll go ahead and dive into this camera right here. So this is Camera 1. This is the part of the spot when our Lego is all the way down here. I'm just going to quickly show you when my... I'm going to animate this, actually. Screw it. I'll just animate it. So we go to Frame 0, and we'll make a keyframe here, and then we'll go, I don't know, make it like 152 frames. That's fine. Make it 100% there, and add another keyframe. There we go. All right. So now if I play this back, it's going to fully encompass our camera. It looks terrible, because now we're inside the Lego. We don't want that to happen. I set up that camera as the beginning shot. Like I knew, "Okay. That's a cool angle for the beginning. I need an angle for the middle." So I kind of rotated a different camera over here, and I placed this camera. I'm like "All right. This will look cool for this part." And then I made a third camera which then was going to capture my nice ending here. It pops in and it looks all pretty, and there it is. So I made three different cameras, but now I want one camera because these are just three still cameras. Actually, this one has a little bit of a noise wiggle on it. So I used the Camera Morpher, and I added them all to the camera morph. You can see here, those cameras, 1, 2, 3, sitting right there. And now I can animate the blend between all three of them just by changing this little slider, right here. Let's go ahead and look through that camera, so you can actually see what's going on. What is the Camera Morpher doing? Let's go into this view, so you can actually see it. I'm going to dive into Perspective, and we'll just do this. So the Camera Morpher, all it's doing is saying, "Okay. Well, you already told me where Camera 1, Camera 2, and Camera 3 are, so that's cool. I'm going to go to all three of them in that order that you told me, and I'm going to make it as smooth as possible." In fact, there's a couple different ways that you can change that. But what that allowed me to do was it allowed me to dive into my camera and say, "All right. Well..." I think I just screwed it up, actually. I think I actually rotated the wrong camera. Thank God for Undo View. I'm going to see how many times I can click this. That looks pretty good. Let's look through our Camera Morpher again. And it's still kind of wackjob'd out, but you get the idea. I basically can then go back into this video here, and I'll show you. This is the pre-disc. So I went from one camera, and you can see that's one camera doing three different camera positions and morphing between the positions. It really allows you to get really dynamic shots without having to sit there and interpolate, "Okay. Well, at this point, I need to Dutch angle it right here, and then this and that." It's just so much easier to go in and place a camera where it looks good, place another camera where it looks good, and then place another camera where it looks good, and then have one camera go through all those moves. Done. The client comes in and says, "This camera move is great, but when you're on the top of the Legos I wish we were a little bit down." Now, changing the end of that move if it were one move, I wouldn't have to worry about whether or not me changing that one angle is going to somehow affect or screw up the move 30 or 40 frames earlier. Because it's just adjusting one camera that our Morpher is just going to find. So again, those are all some of the things that I've grown to love about Cinema.
[Chad Ashley] 私は、Chad Ashleyと申します。 Digital Kitchen(DK)で、 クリエイティブ・ディレクターをしていましたが 1週間前に仕事を変えました。 今は、Grayscalegorillaのクリエイティブ・ディレクターです。 皆さんよくご存知ですね。 今回のプレゼンテーションは、Digital Kitchen (DK)での お話になります。 Digital Kitchenは、3ds Maxのスタジオでしたが、 約6ヶ月前にある決断をしました。 私は、この9ヶ月間Cinema 4Dのみを使っています。 そこで、私たちはMaxから Cinema 4Dに切り替えることにしました。 私のプレゼンでは、どのようにして切り替えを行ったか、 なぜ切り替えたのか、 そしてその過程で学んだことをお話します。 最初に、私たちがDigital Kitchenで制作したものを ご紹介したいと思います。 簡単に、リールをお見せします。 ♪ [音楽] ♪ これは私たちがDigital Kitchenで作成したものの一部で、 私たちはモーショングラフィックスのスタジオでした。 多くの映画やコマーションなどを手がけました。 さて、大きな疑問は、なぜ私たちが切り替えたのか? なぜ、3ds MaxからCinema 4Dに切り替えたのか? 私たちの活動拠点であるシカゴには、 Maxの大きなユーザーベースがないことを実感していました。 そして、Cinema 4Dのフリーランスとその他もろもろ、 巨大なユーザーベースがあることも知っていました。 私たちは、能力を拡大する必要がありました。 もし、大きな仕事を受けた場合、どうするのか? シカゴには、お願いできるMaxのフリーランサーがいませんでした。 ただ、Cinema 4Dのアーティストは、いました。 つまり、Cinema 4Dに切り替えることで、 私たちに仕事を拡大する能力を与えてくれました。 私たちは、スタジオとして目指すべき大きな方向性を見据え、 MAXONが製品とその製品ラインを どうしていくのかを見据えました。 私たちはアーティストも、プロセスも大切にして アートを制作したいのです。 また、Cinema 4Dには選択肢として、 素晴らしいレンダラがいくつもあります。 Octane、Arnold、フィジカル、Corona。 本当にたくさん、素晴らしいことです。 Cinema 4Dが私たちの仕事に使えるか、 テストする必要がありました。 そこで私たちは、コマーシャルを作りました。 それがDKで行ってきたことです。 私たちが決めたのは、コマーシャルを作る。 フォトリアルでキャデラックのコマーシャルを ソフトウェアのテストのために、 Cinema 4Dを使って行うということでした。 それを学ぶために使って、 すべてを試すことにしたのです。 すべてを盛り込み、 このプログラムで作業ワークフローで どのようなことが起こるのか? 自分たちの思い通りにできるのか? 外部参照は使えるのか? どう使うのか? リグはどのようにするのか、 車のリグに必要なこと何か、アニメーション、 カメラ、Xpresso、レンダリングはどうか? こうしたことをすべて網羅する必要がありました。 つまり、プログラムの本質を知るために ダミーのコマーシャルを作る必要があったのです。 それでは、私たちが作ったCadillac ELRの スポットを見てみましょう。 ♪ [音楽] ♪ [男性の声]美しく、地球に優しい。 高い燃費性能とパフォーマンスを 同時に実現。 電気自動車への挑戦。 2016年、Cadillac ELRが登場、 より大胆に、 世界に走り出す。 Cadillac ELR のスポットは、Cinemaで完成させて Octaneでレンダリングしました。 それはソフトウェアを学ぶために、 空いた時間で完了できたのです。 あらゆる場面で、私たちは確認をしました。 「よし、これを管理できるのか?」 Cinema 4Dは、すべての点で 私たちの期待を上回っていました。 それについてお話ししましょう。 私はそのためにここにきました。 すべてのショットには、これらの照明機器があり、 外部参照を使いました。 皆さんの中で外部参照を使ったことがある方はいますか? あまりいませんね。外部参照とは何か? 外部のファイルを参照する機能です。 映画を想像してみてください。そうですね... たとえば「スター・ウォーズ」。 実際はどうだったかわかりませんが、 BB-8を使ったカットが1,200。それがもし、 そのBB-8が別のアセットになっていなかったら それをオレンジから青に変更して、 1500カットのシェーダを 調整しなければならない。 死にたくなりますよね。だから皆 アセット化して、外部参照にするのです。 もうちょっと詳しく説明しましょう。 では、実際にやってみましょう。 これからお見せするのは、 外部参照がいかに早く、 役に立つかを紹介します。 これは、複数回使うアセットなら、 どんなものにでも使えます。 この照明機器のマスターファイルを開きましょう。 とりあえず、これを隠します。 これが照明機器のアセットです。 うちのアーティストがこの照明機器をモデリングしましたが、 彼はこれが別のいろいろなショットで 使われることを知っています。 彼が作業を終え、Cinema 4Dのシーンとしてパブリッシュ。 これがマスターになります。 通常のCinema 4Dのシーンと同じです。 別の部屋にいる別のアーティストが こちらのショットでアニメーションを 作成しています。 そして、すべてを完了させた後に、 これをサッとリロードし直します。 いいですね、完璧です。彼はショットの アニメーション作業を続けます。 このスタッフのこのアセットを使用しています。 ここでクライアントが来て、 「クライアントがこのバルブがむき出しなのが気に入らないので、 これを隠してくれ」と言い出しました。 だけど問題ありません。対応できます。 ただ、作業は半分位進行していて、 このアセットは発行済みで 他のすべてのアニメーションシーンでも使われています。 どうしたらいいのでしょうか? そこで外部参照です。一つのシーンを変更して、 それすべてのショットに渡り適用させます。 それでは、ライトにカバーを付けましょう。 今は、おかしいですね。 これを修正しましょう。 ここに戻して、 ポイントをつかみます。 やっぱり消します。 新しく作りましょう。 クライアントはカバーをつけるのではなく、 バルブの変更を希望しています。 ここをざっくり選択して、 こっちに引っ張ります。変なクライアントですね。 何を考えているんでしょうか。 理由は私もわかりません。 彼らの決定です。これが新しい照明器具です。 こんな感じの見た目です。要望通りです。 照明器具の作業をしたアーティストは、 保存しましょう。 Control+sを押して、シーンを保存します。 別のビルで働いているアーティストが 彼らのシーンを開きます。 そして、外部参照ファイルを選択して、 再読込を押します。 はい、これですべての照明器具が変更され 最新のマスターファイルに更新されました。 もし、前日にアーティストが修正前に 帰宅してしまって... 次の朝にきて、彼らのショットを開きます。 そのショット02がこれで、 朝出社してきてこう言います。 「おっ、すべてのライトが変更されている。 たぶん、クライアントの指示でアセットを変更したんだな。 でも、することは何もない。 すべて準備万端。完璧」作成されたマスターアセット、 マスターのCinema 4Dファイルを見てみましょう。 これは外部参照で、あちこちのシーンで いろんなアングルのカメラショットで使われています。 それらを気にする必要はありません。 すべてのシーンファイルとモデルの変更は統合され 並び替えられてます。 外部参照がいかにあなたの仕事を変えるか 理解いただけたはずです。 それをカメラでもリグでもなんでも くり返し使うものに使えます。 他のアーティストと共同作業する場合も使え、 誰かがカメラを動かしている最中に、 あなたはキャラクターのアニメーションが作ります。 そして、相手のカメラを外部参照にします。 彼らが変更を保存するたびに、 再読込を押します。するとシーンが更新され、 常に最新の状態にできます。 以上が外部参照に関する紹介です。 次に私がお話しするのは、 車のリグについてです。 最初の方で、少しだけ動いていますが、 これを実際の車と同じように動かしたい。 タイヤとハンドルがちゃんと動くようにしたいのです。 そこで私たちはこう言います。 「それじゃあ、リグを作って この車を正しく動くようにしよう」 そこで私たちはみんながあまり使っていないこれを使います。 キャラクタテンプレートです。 キャラクタテンプレートを使ったことがある人はいますか? 数人、たぶん外部参照より少ないですね。 キャラクタテンプレートですが、 これはリグを簡単に作るものです。 私はこれのエキスパートというわけではありません。 私はリガーではありません。 これはある素晴らしいアーティストが作ってくれました。 Andrez Aguayoです。 オフィスでの愛称は「Dre」、「Dr. Dre」です。 彼はこの素晴らしい車のリグを作りました。 この車のリグが、いかにシンプルにできているかを Andrezが作ったものをベースに紹介します。 まずは、キャラクタテンプレートを作ります。 シーンに追加されます。 次に、自動サイズをオフにして、 サイズを475cmに変更します。 サイズは彼に聞いたものです。 車はこのサイズの中に収めます。 オブジェクトタブに切り替えます。 Rootを押します...おっと、間違えました。 バレたら彼に怒られるな。 Animation Carのテンプレートを選びます。 作成したキャラクタテンプレートです。 ポップアップメニューにあります。 準備ができたので、Animation Carリグを作ります。 Rootを作成して、 ボディを作成、ControlとShiftキーを押して、 後ろのホイールと前のホイールを作成します。 リグができたので設定をします。 車の車体やホイールの位置が合っていません。 調整タブに移動します。 ここで調整ができます。 各ヘルパーオブジェクトの調整できます。 これらを車やホイールの中心に配置します。 私はものぐさなので、いちいちクリックしたくありません。 だから、彼にこう言いました。 「Dre、何もしなくても このリグを作れるようにしてくれないか」 ものぐさですからね。彼はこう言いました。 「ああ問題ないよ。車のそれぞれに名前をちゃんとつけてくれ。 ボディ、左タイヤ、右タイヤなど全部ね。 それでPythonスクリプトを作るよ。 CinemaのPythonスクリプトは素晴らしいからね。 君はそのスクリプトを走らせるだけ」 それではそのスクリプトを見てみましょう。 ここに彼が書いてくれたスクリプトがあります。 「Car Rig Aligner(車リグ配置)」という名前です。 クリックして完了です。 すべてのホイールなどの軸の中心にスナップしてくれます。 全部やってくれます。 私は何も調整する必要はありません。 動きをつける準備ができたので、 アニメートタブをクリックします。 リグに命を与えていきましょう。 車のリグは動かす準備ができています。 最初にすることは、パスを作ることです。 これは操縦可能なリグではありません。 彼からこの点を皆さんに使えるように言われました。 なぜなら、このリグは Xboxのコントローラで動かすことはできません。 アニメーション用のリグですが、 すこしユーザーフレンドリーで、 アートディレクションができます。 ここでパスを描います。 シンプルでこの車を動かすためのパスです。 ここで曲がるようにしましょう。 いい感じですね。 これでパスができました。 車体に移って コントロールのタブにします。 この車のほとんどをコントロールできるような リグになっています。自動回転や床検知、 スプラインの読み込み、 自動バンクなど、他にもいろいろあります。 まずは最初にスプラインを読み込みます。 すると車が開始位置に移動します。 パラメータをドラッグすると 車がスプラインに沿って走っているのがわかります。 ここで注意が必要なのが、 読み込んだスプラインの補間法を均等にする必要があります。 これで車の動きが自然になります。 一旦車体に戻って キーフレームを設定します。 最初は、スプラインの位置をゼロにして、 すばやく走らせるために、 値を100にして、キーを打ちます。 再生してみましょう。 車がパスに沿って動いています。多分皆さんは 「えっシンプルすぎじゃないか、パスに沿って動いただけで 他に何もしてないじゃないか」 でもそんなことはありません。 実はホイールはちゃんと回転しています。 私はDreに「車をよく見えるようにしてほしいんだけど、 車が見えるように、カメラを動かしたくないんだ」 と言いました。 彼は「いいね、カメラを追加しておくよ」と言いました。 おかげでこうやって3つのカメラを切り替えて、 動いている車もフォローできます。 もちろん、ホイールも自動的に回転しています。 すべてダイナミックです。おかげで ホイールの回転を考える必要はありません。 最後の方がガタガタしていますが、 大したことはありません。 後でスプラインを直しましょう。 いい感じですね。ここで自動バンク機能をオンにしましょう。 値は低めにします。 極端な値にすると 悪いサスペンションに見えますからね。 最初に戻して再生します。 このリグのダイナミックな部分が確認できました。 これが自動バンク機能です。 車は、揺れや速度の変化を再現できます。 さらに、2次モーションの回転も加えられます。 もし、荒れた道を運転するようなこともできます。 このパラメータをオンにすると 車がひどく揺れだします。 いい感じにわずかに揺らすこともできます。 これはわずかではありませんが。 実際に何ができるかを知っていただきたかったのです。 まあ、こんな風にすごく荒れた道を走らすのも とても簡単です。 リグについてお話ししてきましたが、 いくつかのコントロールをお見せします。 ほかにもこのリグでコントロールできることがあります。 Dreが、作業したリグになります。 もう少しビデオを見ながら 詳しく解説しましょう。 今日はできるだけ紹介したいと思います。 彼がどれだけスゴイのかをご覧ください。 タイヤも変形しているのがわかります。 サスペンションもすべて動きます。 アニメータはこれを調整するだけです。 今回のスポットでは あまり多くの設定は使いませんでした。 できるだけシンプルにしました。 ただ、彼がいかにクレイジーなのかはわかったはずです。 私たちは拍手を送り、いかに素晴らしいかを再認識しました。 もっとスゴイものがあったはずです。 モンスタートラックの動きです。 ここで別のシーンファイルを開きましょう。 床検知のものがあったはずです。 お見せします。 ELRが走っているものです。 おっと、ドリフトのことを忘れていました。 ファイルを戻してお見せします。 車を動かして、ここで大きくカーブさせます。 ここで曲げましょう。 ダイナミックバンクをオフにして 前後に動かしても大丈夫なようにします。 ここにドリフトのキーフレームを設定します。 ドリフト好きだからね。 ワイルドスピード東京ドリフトみたいにね。 ここでドリフトします。 完全に車を振るためのコントロールができます。 ここでキーフレームを打ちます。 それから元に戻します。 再生してみます。おかしいですね。 私は車のアニメーターではないので。 氷が張っていたんですかね。 でも、このリグで面白いものが 作成できることがわかったはずです。 リグの作成からこのリグのアニメーションまで Cinemaの中でできたということが非常に素晴らしいです。 しかも簡単に設定できました。 もし、リグについて知識がある方であれば、 キャラクタテンプレートを チェックすることをお勧めします。 非常に強力です。 それでは、ELRのレンダリングの話に移りましょう。 レンダラー周りについてです。 というのも私たちはすべてのテストをしました。 フィジカルのテスト、Arnoldのテスト、 Octaneのテスト。最終的にOctaneを使うことにしました。 Octaneをちょっとお見せしましょう。 車のスポットでよく見る典型的なショットがあります。 それをOctaneですばやくライティングしてみましょう。 最初にOctaneのライブビューワーを初期化します。 それをドックします。ここに置いて、 フローティングのビューポートとそれをドックできる点が 気に入っています。すばらしい。 Octaneを初期化します。 ほぼ真っ暗ですが、 一旦すべてのジオメトリを読み込みます。 水を一口いただきます。 真っ暗ですね。これは実際には、上部の設備から 照明されているわけではありません。 車の照明は... たとえば、車の照明担当に 蛍光灯でライティングしたいと伝えると 「本当に? どうかしちゃった?」 と言われるでしょう。もちろんそんなことはありません。 車は洗練されていて 素晴らしい見た目です。 Octaneのエリアライトを作成して、 透視ビューに切り替えます。 これで私が何をするかよくわかります。 更新されるのを待ちます。 エリアライトをこっちに動かします。 更新が少し遅いですね。 いろんなことをしていますからね。 お待ちください。更新されます。 ライトが明るすぎますね。 何が起こっているかわかっています。 ライトを広げます。 ちょっと現実的ではありませんが、 多くの車の写真家はこうしたことをしています。 彼らは車の前に300フィート(約91m)のライトを置きます。 それからノーマライズをオフにします。 これは現実のライトの働きと異なるからです。 強度を20%に落とします。 おかげで車の自然なカーブが表現されています。 これが優れた車の写真家が行っていることです。 ライトを上に上げると、Octaneの方も リアルタイムで確認できます。 そのおかげで、どう見せるかという クリエイティブな決定がその場で行えます。 少しズームアウトしましょう。 ライトをもう少し大きくします。 非常によいパフォーマンスのマシンを使っています。 いい感じですね。 私の求めるものに近づいてきました。 ただ、上部を見てみると、 ライトが照明機器に影響しています。 金属が光ってしまっています。これは良くありません。 かっこ良くありません。 他のレンダラーなら、 「じゃあ、照明機器を除外して完了」となるはずです。 しかし、Octaneはできません。Octaneは、 現在のバージョンではオブジェクトに対して ライトの影響を除外できません。 あなたは実際の写真家になったつもりで考える必要があります。 「よし、自分が写真家ならどうする?」とね。 私は旗を作ります。 私は平面を旗と呼んでいます。 平面を間にはさみます。 これは写真家のテクニックです。 平面を上に動かして... 回転します。ホットキーが動けばいいんですが... 大丈夫ですね。 少し遅いですね。 平面を引っ張ります。 この平面はライトをブロックするの役目をします。 すべてのライトがブロックされているのがわかります。 カメラを回転して、こちらから見ます。 平面を上に持って行き、角度はこんな感じです。 ご覧ください。 平面を少し下げてます。 Octaneを確認して、ライトを見てみます。 平面がどこに行ったか確認できます。 このあたりでいいですね。 Octaneはすばらしいです。 あなたは、写真家になったつもりで考えればいいのです。 もしくは映画製作者のように。 ELRのすべてのスポットのライティングが済んだら、 ハイライトを入れる必要があります。 実際のセットと同じようにです。 できれば、将来ライトの除外機能が対応すれば嬉しいですね。 こういったことをする必要がないので。 とは言え、これも楽しい行程です。 認めざるを得ません。 次はマテリアルのテストについて話しましょう。 これから新しいツールについてお話しします。 Greyscalegorillaから間もなくリリースされます。名前はLink。 みなさんの中で、グレースケールゴリラの HDRI Studioツールをご存知の方はいますか? えーと、数人ですね。 多くの人からこのHDRIのツールの使用方法について リクエストをいただきました。 他のレンダラーでも使えるようにしてほしいと。 たとえば、ArnoldやOctaneとです。 というわけで私たちは作成しました。 ジャジャーン、というわけで初公開です。 ここだったかな。皆さん気にいると思います。 私がこの仕事を始めるとき、 私のマテリアルをすばやく テストする必要がありました。 ですので、最初にHDRIを使った 360度のレンダリングを作成しました。 カーペイントやクロームのテストのためです。 そのためHDRを別のものにすばやく切り替える必要がありました。 いろいろなフォルダを見て 確認する必要があったのです。 Linkを見てみましょう。 ここで一旦Octaneを初期化します。 この仕事はOctaneを使いましたが、 Arnoldでも使えます。 ありました。 今はヘッダライトしか見えていません。 なぜならライトが一切ないからです。 これからすることは、とても簡単なので皆さんも気にいると思います。 オブジェクトメニューから、 HDR Environmentを選びます。 Octaneの機能です。 これは、スカイブルーの環境を追加します。 Octane Skyを選んで、 タグメニューからHDRI Linkを選びます。 これで完了です。 次にHDRブラウザを開きます。 これから何をするかというと、 豊富なすばらしいHDRIを見ていきましょう。 あとはクリックするだけです。 これは気に入らないので、こちらを選びます。 これもやめて、こちらを試してみましょう。 これがすばらしいのは、ライティングようにHDRIを選んで 別のHDRIに切り替えられる点です。 実際、スタジオを試してみましょう。 Pro Studiosを選んで、私のお気に入りを探します。 19番ですね。 カメラを動かして、最高のアングルを見つけます。 これがOctaneの優れているところです。 すばらしいレンダラーです。 いいプロダクトのアングルですね。 いい感じです。 ブラウザを閉じて、アングルを探します。 いいですね。ここでカメラを作成して、 カメラを通して確認します。 被写界深度を追加します。 どうやるかというと。 Octane Cameraタグを追加します。 レンズタブを選んで、 アパーチャーを広くします。 おかしいですね。うまくいかないので、 2センチに設定してみます。いいですね。 被写界深度が少しきついですね。 面白いところです。 通常のカメラを選択します。 フォーカス距離のピッカーを選びます。 おっと、オートフォーカスをオフにするのを 忘れていました。 なぜオートフォーカスがあるのか、理由はわかりませんが。 誰が使っているんでしょうね。 車をクリックします。 ピントを合わせたいところをクリックします。 ここにしてみましょう。 うまくいかないですね。 うまくいきました。 これで被写界深度が適用できました。 すべてOctaneでリアルタイムで確認できます。 このツールの凄さがわかったはずです。 この辺がいいですね。 ヘッドライトにピントを合わせます。 それからLinkに戻って、別のHDRを試してみます。 どれがいいですかね... このアウトドアのものにしましょう。すばらしですよね。 高速です。本当に多数のHDRがあります。 ぜひ、Linkに注目してください。 グレースケールゴリラの新しいツールです。 気に入ってくれると思います。 私たちは気に入っています。 私はいつも使っています。 次は、シカゴ科学産業博物館向けに作成した レゴのスポットの話をしましょう。 これは何人かの友人と行いました。 Cinema 4DとOctaneを使って シカゴ科学産業博物館のスポットを作りました。 新しいレゴの展覧会用です。 スポットを再生してからお話をします。 というのも、内容を見ていないと 理解するのは難しいからです。 [女性の声] MSIは、レゴブロックを使い、 エンジニアリングのすばらしい業績を再構築しました。 たとえば、金門橋は60フィートの長さで、 6万5千個のレゴブロックを使用。 800時間かけて制作されました。 これは、レゴで作られた12作品の一つです。 科学産業博物館の新しい展覧会 「Brick by Brick」のためのものです。 ぜひ、ご来場いただき、勇気があればまだ見たことものものを 作り上げることは不可能ではないことを知ってください。 これは制作は非常に楽しく、ユニークなものでした。 これはDKで行ったものではなく、 友人たちと制作したものです。 これは厳しいしめ切りの中、少ないスタッフで、 リモートで作業をしました。 私はすべてのCGを担当しました。 別のアーティストはすべてのコンポジットを担当し、 あとは編集と、エンドタグを担当したアーティストがいました。 この4名で、すべての仕事を Dropbox上のリモートで行いました。 Slackも使っていたので、DropboxとSlackだけを通じて 全体のプロジェクトを完了させました。 私たちはMoGraphを使いました。 ブロックが、現れるところですね。 カメラモーフも使いました。これも素晴らしいです。 XPressoの多数使っています。 Octaneも。先ほどお見せした新しいLinkツールと、 Signalも使いました。。 私はCinema 4Dについては初心者でしたので、 この仕事が来た時、彼は困ったら助けると言ってくれました。 これは、さらにCinema 4Dを学べるいいチャンスだと思います。 それでは、私がレゴの出現を どのように行ったか紹介しましょう。 おそらく、Cinema 4Dを使ったことがある方でしたら、 自分で考えつくのではないでしょうか。 「自分だったらこうやってブロックを出現させるな」と。 私は皆さんが考えている方法とは 少し違う方法かもしれません。 でも、どちらが正しいというわけではありません。 ぜひ楽しんでください。 それでは始めましょう。 ここにタワーがあります。 カメラは隠します。見える必要はありません。 レゴのタワーがあります。 これを上に向かって出現させる必要があります。 最初に立方体を作ります。 そして、タワーに重なるように配置します。 上に伸ばして、タワーが隠れるにようにします。 表示タグを設定して、 立方体は見える必要はないので、 立方体がワイヤーフレーム表示にします。 いつもこうしています。 立方体はここにあります。 ここにすべてのレゴのパーツが用意されています。 これはすべて手作業で配置されています。 Amador Valenzuela氏によるものです。 このキャンペーンのすべて印刷物の担当者です。 彼は、レゴモデルのビルダーが作った仕様に合わせて 一つ一つ手作業で配置しました。 これは、いわゆるボクセルプラグインなどを使って 作られたものではありません。 このすべてのプロックを選択して、 破砕オブジェクトに入れます。 破砕を作成します。 先に破砕を作っておくと便利です。 すべてのブロックを選択して、 破砕に入れます。 これでMoGraphで使えるようになります。 ブロックが破砕の一部になります。 次に行うのが、 これを出現させていくことです。 ボリュームエフェクタを選んで適用します。 ちゃんと適用されていますね。 これにはボリュームエフェクタが最適です。 立方体がなぜ必要だったのか説明します。 この立方体は、ボリュームオブジェクトとして作成しました。 パラメータの設定ですが、たぶん 「彼はスケールを-1にするだろう」と思ったでしょう。 いいえ、もっと簡単です。可視性をオンにします。 あとは、そのまま立方体をドラッグするだけです。 これでブロックが徐々に出現するようになりました。 サウンドエフェクタみたいですね。気に入りましたか? 目を覚ました? 見ててください。 いいですね。ただ、私はこう思いました。 「いいけど、現れ方がキチンとしすぎて完璧すぎる。 もっと自然か感じにする必要があるな」 ではどう解決したのでしょうか? わかりません。いろいろ探してみました。 「もう少し分割してみたらどうだろうか?」 分割ラインが見えるようにして、 立方体を分割します。 そして、変位させます。 変位デフォーマをここに追加して ここに適用します。 変位デフォーマを選択して、 ノイズを追加します。 ノイズが小さいので少し大きくします。 600にします。こんな感じです。 高さを上がるために、30にします。 私が何のためにしたか気になりますね。 それでは結果を見てみましょう。 ブロックが出現しているところの形が、 より自然になっているのがわかります。 最初より退屈さがなくなりました。 これをオフにすると、レイヤーごとに現れるので、 退屈な感じです。 オンにすると、立方体のエッジが変位されます。 このおかげで エッジにランダムさが生まれました。 これならアートディレクションができます。 曲げたり、左から先に現れるようにしたり、 ブロックのアニメーションの ディレクションができます。 Xpressoについても 私たちが何をしたかお話ししたいです。 ワークフローはどうするかということも考えました。 リグは作れるのか? 私はいつもリグを作るようにしています。 作業のくり返しをする必要がないからです。 私は、超面倒臭がりですから。だからリグを組みました。 Xpressoを使ったシンプルなものです。 では、タワーのリグのシーンを見てみましょう。 これが私が作ったリグです。 すべてXpressoで作りました。 ユーザデータを見てみましょう。 レゴの出現率を作りました。 名前の通り、これをドラッグするだけです。 100%出現させるか、全く出さないか。 さらにランダムさを与えるパラメータもあります。 この値を上げてみます。 いいポイントを見つけました。 このランダムさの値は、 変位の強度を変更します。 つまりこれをゼロにすると、 平らに退屈な感じに出現します。 100%にすると、 完全にランダムになります。 なので、重力を無視するところも出てきます。 なので、あまり値を上げすぎないようにして、 だいたいこのくらいにします。 スケールですがXpressoで ノイズのスケールにもリンクしています。 Xpressoですばやくリグを構築して、 仕事が楽になります。 最初に紹介した外部参照やリグの必要性などについて 細かいところまでは紹介できませんでしたが、 このツールは本当に堅牢です。 カメラモーフですが、 カメラモーフを好きな人はいますか? また、同じ人たちですね。 まだカメラモーフを触っていないなら、試してみてください。 本当にすばらしいです。 レゴの最初のショットですが、 カメラをタワーの出現に合わせて動かそうとしました。 まずは、3つの異なるカメラアングルを作成しました。 これは別のカメラのビューです。 もう少しレゴを出現させてみましょう。 このカメラから見てみましょう。 これはカメラ1です。これはスポットの一部で レゴを減らします。 紹介する前に、これをアニメーションさせます。 巻き戻して、 動かしていきましょう。 フレーム0にして、キーフレームを打ちます。 152フレームにして、これでいいですね。 100%にして、キーフレームを打ちます。 再生してみます。 完全にカメラに被さってしまいました。 ひどい状態です。 レゴの中に入ってしまっています。これは困ります。 ショット開始時のカメラをセットしました。 開始時はこのアングルは最高です。 ただ、中間時点のアングルが必要です。 ここで別のカメラに切り替え、 回転してここにカメラを置きます。 このパートは、このアングルがいいですね。 それから3つ目のカメラを作ります。 最後はここからのアングルにします。 いい感じに現れますね。 今私は3つのカメラを作成しました。 ここで、もう一つのカメラが必要です。 というのも静止画用のカメラが3つしかありません。 これには振動が加えられていますね。 ここでカメラモーフを使います。 カメラモーフにすべてのカメラを追加します。 ここをご覧いただくと カメラ1、 2、3が設定されています。 これをブレンドしながらアニメーション化できます。 このスライダーを動かすだけです。 実際にカメラの動きを見てみましょう。 どうなっているかよくわかると思います。 カメラモーフは何をやっているでしょうか? ビューを切り替えましょう。 透視ビューにして、 全体を見えるようにします。 先ほどカメラ1、カメラ2、カメラ3があることを 説明しました。 そのすべてがここに順番に設定されています。 これをスムーズに切り替えていきます。 切り替えにはいくつか異なる方法が用意され、 変更できます。 実際のカメラに切り替えてみましょう。 ねじれてしまいましたね。 違うカメラを回転させてしまったようです。 ビューのアンドゥをします。 これはよく使いますね。 いい感じですね。 もう一度カメラモーフを見てみましょう。 まだおかしいところはありますが、効果はわかったはずです。 もう一度ビデオの方を見てみましょう。 これはプレビズです。 一つのカメラが、3つのカメラの位置に沿って モーフされているのがわかります。 これのおかげでダイナミックなショットが得られます。 しかも、補間などを何もする必要はありません。 キメのアングルを見つけていくだけです。 気に入ったアングルにカメラを置いて そして、次のアングルに カメラを置いていくだけなので簡単です。 あとはそれに沿って動かすだけで完了です。 クライアントがやってきてこう言います。 「このカメラの動きはいいけど、 レゴが一番上に来た時にもう少し下げて欲しい」と 動きの最後を変更するわけですが、 たとえ角度の変更が一か所でも、 その手前の30〜40フレームの動きは影響します。 しかし、動きがねじれたりしないか 心配する必要はありません。 というのも、カメラの一つを変更するだけで、 あとはモーフがやってくれます。 以上が私がCinemaを気に入っている点です。
Resume Auto-Scroll?